【将棋用語】
劣勢

将棋用語一覧リンク

「劣勢」の詳細

将棋用語
劣勢
読み方
れっせい
説明
ほとんど負け、とまでは言えないが、相手が悪手を指さなければ負けるであろう局面の様子。
形勢が悪いという意味で使われる言葉の中では「不利」よりも差が大きく、「敗勢」よりは差が小さいが、それぞれ明確な基準はない。 中盤で金駒を損している、一方的に竜や馬を作られているなどといった場合は「劣勢」と判断されることが多い。
用例
「先手が中盤で銀得になり、優勢となった。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -