【将棋用語】
咎める

将棋用語一覧リンク

「咎める」の詳細

将棋用語
咎める
読み方
とがめる
説明
相手の指し手が及ぼす、相手へマイナス面を引き出そうとすること。
例えば、相手が桂を跳ねた場合に、弱点であるその桂頭を狙って攻めようとする指し方は、相手の指し手を「咎めている」と言える(相手が桂を跳ねなければ、そのような指し方は生じない)。他にも、相手が(受けの手を指さずに)攻めの手を指した場合、「相手陣の受けが1手遅れている」状態なので、相手よりも早い攻めをすることで、相手の手を「咎める」ことになっている(相手が受けていれば、そのような攻めは生じない)。
用例
「悪手を咎めて優勢になった。」

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -