【将棋用語】
埋める

将棋用語一覧リンク

「埋める」の詳細

将棋用語
埋める
読み方
うめる
説明
自陣の囲いの周囲、あるいは囲いの中の空いているマスに持ち駒を打つこと。
受けるだけの手であることがほとんどだが、確実に囲いが堅くなるため、簡単な攻めでは破られにくくなる。手数が伸び、相手がミスする確率も上がるので、形勢が悪くなって粘る場合によく行われる。
用例
【将棋用語】相手の攻めに対して玉の囲いに金駒を「埋める」局面

[図1]

上の [図1] は、後手の2枚の竜がよく利いており、次に△2九竜までの詰みを見ている。ここは、▲2八金と寄っても受かるが、▲2八金打として、しっかり持ち駒を投入して「埋める」ことで相手の攻めをさらに遅らせることができる。
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -