【将棋用語】
嫌味

将棋用語一覧リンク

「嫌味」の詳細

将棋用語
嫌味
読み方
いやみ
説明
後で厳しい攻めが生じる可能性のある状態のこと。
特に、拠点を作ったり、相手の囲いの近くに駒を利かしたりする手に対して使われることが多い。
相手に対する「嫌味」がないと一方的に攻められてしまう恐れがあるが、少しでも「嫌味」があれば、相手の攻めを制限するができるし、攻め合いにも持ち込みやすくなる。
用例
「自玉の近くに歩を垂らされた手は、詰めろではないものの嫌味だ。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -