【将棋用語】
居玉

将棋用語一覧リンク


「居玉」の詳細

将棋用語
居玉
読み方
いぎょく
説明
初期位置にいる玉。先手ならば5九、後手ならば5一にいる玉のこと。
「居玉は避けよ」という格言があるように、戦いが起こった場所から近くなる確率が高く、流れ弾に当たりやすくなるため、推奨はされない。
しかし、角換わりや藤井システムのような一部の戦法では、居玉のままが最善という変化もある。
用例
「居玉のままだったので、あっさり詰まされてしまった。」
【将棋用語】角換わりで「居玉」のまま戦う例

[図1]

上の [図1] は、1手損角換わりの定跡形。先手が早繰り銀で先攻しようとしているため、後手は飛車の横利きを通して受けようと、居玉のままにしている。玉が動いてしまうとバランスが崩れて逆に受けにくくなるという例外的な局面。
【将棋用語】藤井システムで「居玉」のまま戦う例

[図2]

上の [図2] は、藤井システムの定跡形。後手が居飛車穴熊に囲おうとしているため、先手は攻めの主導権を握ろうと、居玉のままにしている。玉が動くよりも攻めの陣形整備を優先させる例外的な局面。
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -