【将棋用語】
引く

将棋用語一覧リンク

「引く」の詳細

将棋用語
引く
読み方
ひく
説明
盤上の駒を後ろの段に進めること。
「引く」ことができない駒としては、桂・香・歩の3種類が該当する。それ以外の駒は、成り駒も含めてすべて「引く」ことができる。
「引く」方向を真っすぐに限定して考えると、それができない駒としては、桂・香・歩に加えて、角・銀が該当する。それ以外の駒は、成り駒も含めてすべて真っすぐ「引く」ことができる。その中で、飛車(竜)は1度に動いた距離が1マスでも8マスでも「引く」と言う。
また、「引く」方向を斜め後ろ(斜め右後ろ・斜め左後ろ)に限定して考えると、それができる駒を挙げた方が少ないため分かりやすく、玉・竜・馬・角・銀の5種類となる。その中で、角(馬)は1度に動いた距離が1マスでも8マスでも「引く」と言う。
用例
「金を引いて受ける。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -