【将棋用語】
強手

将棋用語一覧リンク

「強手」の詳細

将棋用語
強手
読み方
きょうしゅ
説明
価値の高い駒を先に犠牲にするような指し手。「強い手(つよいて)」とも言う。
特に、大駒や金駒を切るような派手な手に対して言われることが多い。
その手順がうまくいかないと大きな駒損になることは避けられないが、しばらく進めれば、詰み・必至・詰めろ・突破・駒損回復など、それを上回る戦果を見越していることから、「深く読むことのできる強い人が指す手」という意味合いがある。
但し、実際に戦果が上がるか否かは度外視することもある。つまり、明らかな無理攻めであったとしても、大駒を切っただけで「強手だ(強い手だね・強いね)」と言うようなことがある。その場合、心意気は買っているものの、必ずしも指し手を褒めている訳ではない。
用例
「金をただ捨てして角筋を通すという強手で攻めが決まった。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -