【将棋用語】
手薄

将棋用語一覧リンク

「手薄」の詳細

将棋用語
手薄
読み方
てうす
説明
ある地点や範囲において、守備駒の数が少ないこと。「薄い」と同じ意味になり、「厚い」または「堅い」と反対の意味になる。
攻め込む際の狙い目になったり、拠点を作る隙が生じていたりするため、比較的戦場になりやすく、さらに玉周辺の場合は詰めろがかかりやすかったり、詰みが生じやすかったりする。
「手薄」と言われる具体的な基準はないが、歩を支えている駒が0~1枚であるような地点は「手薄」と言えることが多い。玉(玉形)について言われる場合には、その周辺に金駒が1~2枚しか配置されていないことが多い。しかし、相手玉と比較した相対的な評価でもあるため、相手玉が金駒4枚の穴熊であれば、自玉が金駒3枚の美濃囲いであっても「(相手玉と比較して)手薄である」と言える。
用例
「振り飛車は角頭が手薄になりがちだ。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -