【将棋用語】
拠点

将棋用語一覧リンク

「拠点」の詳細

将棋用語
拠点
読み方
きょてん
説明
相手の守備駒と接するマスへ利いている駒。
特に、持ち駒を打ったり、駒を進めたりして、戦いを起こそうとしている可能性の高いマスに利いている駒ほど「拠点」と言われることが多くなる。
「攻め筋を増やす」「攻めを厳しくする」「相手に食い付いて攻め続ける」ために「拠点」を作ることや残すことは重要である。
用例
【将棋用語】「拠点」を生かして相手陣に制約を与える部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が4五の歩で「拠点」を確保した部分図。▲4四銀と打ち込めば後手の囲いの金駒を1枚は剥がすことができる。後手は▲4四銀に対して△4二歩のように指せば受けられるが、歩を使わされたうえに陣形を凹まされているので、少し損をしている。
関連用語
関連手筋

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -