【将棋用語】
捻り合い

将棋用語一覧リンク

「捻り合い」の詳細

将棋用語
捻り合い
読み方
ねじりあい
説明
中盤から終盤にかけて、優劣不明な形勢で、双方の攻めや受けが続くこと。
実力が同程度の対局だと「捻り合い」の対局になりやすい。
解説でよく使われる用語だが、将棋界や囲碁界における独特の言い回しである。要は「いい勝負」ということであるが、押し引きや攻防の入れ替わりなどの見所が多いという意味が含まれた使い勝手の良い一言になっている。
用例
「両対局者の捻り合いが楽しみの1局です。」

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -