【将棋用語】
棋力

将棋用語一覧リンク

「棋力」の詳細

将棋用語
棋力
読み方
きりょく
説明
将棋の実力を表す指標。
級は数字が小さくなるほど強くなるため、10級よりも1級の方が強い。1級の次は初段となり、以降は漢数字で二段(弐段)、三段(参段)、四段、五段、六段…となって数字が大きくなるほど強くなる。
あくまで相対的に将棋の実力差を分かるためのものなので、地域や道場、あるいはウェブサイトなどによって基準は変わる。そのため、ある将棋道場の初段が別の将棋道場の二段に勝ち越すというようなこともよくある。また、最低級位は30級・20級・15級・10級、最高段位は六段~九段が多いが、様々である。
プロや奨励会(しょうれいかい・プロ養成機関)においては独立した級位・段位となっている。7級~九段まであり、四段以上がプロとなる。例えば、プロの四段とアマチュアの四段は、同じ「四段」なので紛らわしいが、実際の棋力はかなりの差がある。平手戦ならばプロの四段がアマチュアの四段に100回中100回勝ってもおかしくない。プロの四段と区別するために、あえて「アマ四段」などと言う場合もある。
同様に女流プロも独立した級位・段位がある。こちらは原則として「女流」と先頭に付与して「女流初段」のように言われることがほとんどである。
「アマ」「女流プロ」「奨励会」の棋力を比較すると「アマ四段≒女流2級≒奨励会6級」辺りが平均的と言われることが多い。もちろん、同じ段位・級位でも、すぐに昇級・昇段する人と、そこで頭打ちになっている人では将棋の強さは異なるが、奨励会で勝ち抜いて「プロの四段」になる棋士は並大抵の強さではない。
インターネット将棋やコンピュータ将棋などにおいては、より公正なレーティングが行われており、棋力をレート(R)という数字で表すことがある。レートは1勝負毎に数値を奪い合う形となり、同じ集団で勝負している場合、その合計値は常に同じである。レートの低い人が勝つと大きく上がり、その差が大きければ大きいほどレートの変動も大きくなる。レートの高い人が勝った場合はその逆となる。
例えば、将棋サイト「将棋倶楽部24」において、両対局者のレートが「1000」だった場合、変動する数値は「16」で、買った方は「1016」、負けた方は「984」となる。対局者のレートが「1200」と「1000」だった場合、「1200」勝ちで変動数値は「8」(「1208」「992」)、「1000」勝ちで変動数値は「24」(「1176」「1024」)のようになる。
尚、棋力を問われた場合に「○段(◇級)です」のように言っても問題ないが、将棋道場名やアプリ名などを一緒に言うとより正確に伝わりやすくなる。また「将棋倶楽部24でレートXXXXです。」のように言っても、そこの将棋道場ではどれくらいの棋力に該当するかを判断してもらえることがほとんどである。
用例
「棋力は初段です。」
「棋力はレートで言うと500くらいです。」

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -