【将棋用語】
終盤

将棋用語一覧リンク

「終盤」の詳細

将棋用語
終盤
読み方
しゅうばん
説明
1局の流れを、局面の状況を踏まえながら3つに分けた際の最後にあたる部分で、2手すき・詰めろ・必至・詰みなどがある局面。残りは「序盤」「中盤」となる。
但し、定義やそれぞれの境目は厳密には決まっていないため、感覚的に判断される。
まれに「終盤で寄せ損なって中盤に戻る」ということがあるため、必ずしも「序盤→中盤→終盤」の順になるという訳ではない。
用例
「形勢は互角のまま、難解な終盤戦を迎えた。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -