【将棋用語】
駒損

将棋用語一覧リンク

「駒損」の詳細

将棋用語
駒損
読み方
こまぞん
説明
対局開始時より駒を損していること。
駒損をすると、多くの場合で攻めや受けの力が衰えるため、基本的には避けるべきことである。さらに、取った駒を使うことができるという将棋のルール上、相手の攻めや受けの力が増している(相手は必ず駒得している)という点も見過ごせない。 例えば歩が1枚相手に渡った場合、歩が8枚となり、初期は位置の9枚よりも1枚少ないため、1歩損(いっぷぞん)となる。さらに相手は1歩得(いっぷどく)であるため、歩の枚数で言えば2枚の差がある。
それぞれの駒には価値の大小があり、一般的には「歩<香<桂<銀<金<角<飛」となる。そして、例えば自分の銀と相手の桂を交換した場合には、自分の駒の価値が下がっているため、駒損となる。
但し、銀桂交換の「駒損」によって必ずしも形成を損ねているとは限らず、状況に応じて駒の価値は変動するため「駒損」であると考えない場合もある。
用例
「駒損が響いて形勢が徐々に悪くなった。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -