【将棋用語】
駒損

将棋用語一覧リンク

「駒損」の詳細

将棋用語
駒損
読み方
こまぞん
説明
対局開始時と比較して、特定の駒の枚数が減っているか、あるいは増えた駒と減った駒を比較して増えた駒の価値の方が低いこと。
「駒損」をすると、多くの場合で有効な攻め方や受け方が減るため、特に序中盤では避けるべきこととなる。さらに、相手は必ず駒得(こまどく)をしているということになるため、相手の有効な攻め方や受け方を増やしていると考えることもできる。戦力差で考えると「駒損」している枚数の2倍となるため、「駒損」をきっかけにして一気に形勢が悪くなることも多い。
例えば、歩を1枚相手に取られた場合、自分の歩の枚数が盤上と持ち駒で合わせて8枚となり、初期配置の9枚よりも1枚少ないため、1歩損(いっぷぞん)となる。さらに相手は1歩得(いっぷどく)であるため、歩の枚数を比較すると2枚少ないことになる。
また、それぞれの駒には価値の大小があり、一般的には「歩<香<桂<銀<金<角<飛」となる。そして、例えば、自分の銀と相手の桂を交換した場合には、自分の駒の価値が下がっているため「駒損」となる。この場合「銀桂交換(で先手or後手)の駒損」のように言う。但し、銀桂交換の「駒損」によって必ずしも形成を損ねているとは限らず、状況に応じて駒の価値は変動するため「駒損」であると考えない場合もある。言うまでもなく、将棋で最も価値の高い駒は「玉」であるため、終盤で自玉を助ける、あるいは相手玉を詰ますためならば「飛<歩」のように価値が逆転することもある。
用例
「駒損が響いて形勢が徐々に悪くなった。」
関連用語
関連手筋
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -