【将棋用語】
駒落ち

将棋用語一覧リンク

「駒落ち」の詳細

将棋用語
駒落ち
読み方
こまおち
説明
対局者に実力差がある場合、上位者が何枚か初期位置の駒を減らしてハンデをつけること、またそのハンデ。
一般的な駒落ちの種類としては、
  • 香落ち(左香1枚)
  • 角落ち
  • 飛車落ち
  • 2枚落ち(飛角)
  • 4枚落ち(飛角香)
  • 6枚落ち(飛角桂香)
  • 8枚落ち(飛角銀桂香)
  • 10枚落ち(飛角金銀桂香)
  • 19枚落ち(飛角金銀桂香歩)
がある。
用例
「指導対局を駒落ちで行う。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -