【将棋手筋】
送りの手筋

手筋一覧リンク

「送りの手筋」の詳細

手筋名称
送りの手筋
読み方
おくりのてすじ
主な関連駒
出現頻度
★★★☆☆
説明
相手玉がタダで取ることができるマスに持ち駒を打って王手をして、その駒を玉で取らせることによって、さらに攻め駒の前進を図ること。
単に「送る」とも言う。
金駒を捨てながら竜を迫っていく指し方が最も多い。
好手例
【将棋手筋】「送りの手筋」で相手玉を詰ます部分図

[図1]

上の [図1] は、▲5三金や▲4一金と竜がいる側から攻めていきたくもなるが、最善は「送りの手筋」で▲2二金と打つ手になる。△同玉で一時的にはタダで取られることとなるが、▲4二竜と銀を取りながら、さらに相手玉に迫ることができる。以下、△3二金と合駒するしかないが、▲3一銀 △1二玉 ▲3二竜までで詰みとなる。
関連用語
関連手筋

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -