【将棋手筋】
遠見の角

手筋一覧リンク

「遠見の角」の詳細

手筋名称
遠見の角
読み方
とおみのかく
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
主に相手陣への利きを生かして攻めるために自陣へ持ち駒の角を打つこと。あるいはそのように打った角。
遠い位置からでも角の睨みは強力なため、好手となることが多い。「遠見の角に好手あり」という格言でも表されている。
好手例
【将棋手筋】「遠見の角」が有効な部分図

[図1]

上の [図1] は、単純な攻め合いでも先手が少し良いが、▲1八角と自陣に打つ「遠見の角」が好手となる。これによって、△2九飛成と桂を取られる手を防ぎつつ、▲6三角成とタダで金を取る手を狙っており、攻防によく働いて先手の優位が拡大している。
関連用語
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -