【将棋手筋】
銀ばさみ

手筋一覧リンク

「銀ばさみ」の詳細

手筋名称
銀ばさみ
読み方
ぎんばさみ
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
銀の横に相手の歩がいるために、斜め後ろに戻れず、歩・香・桂などで狙われた時に逃げ場所がない状態。原則として、銀の左右を相手の2枚の歩ではさんでいる形となる。但し、銀の左右いずれかに歩があって、かつ、逆方向は銀の斜め前と斜め後ろで歩が見合っている形も「銀ばさみ」と言うことがある(後述の例を参照)。
銀が左右と後ろに移動できないという点を的確にとがめる手筋の1つである。
好手例
【将棋手筋】「銀ばさみ」と言われる部分図

[図1]

上の [図1] は、5五にいる後手の銀が、4五と6五にいる先手の歩に左右をはさまれて「銀ばさみ」となっている。この部分図の場合、先手が▲5六歩と打つと後手の銀は行き場がないので、タダで取られてしまうか、歩と交換することになる。
【将棋手筋】「銀ばさみ」と言われる部分図2

[図2]

上の [図2] は、5五にいる後手の銀の隣である6五に先手の歩がおり、かつ、4四と4六で歩が見合っているので「銀ばさみ」となっている。一見すると、銀ははさまれていないようだが、銀の逃げ道を作るためには△4五歩と突くしかなく、▲同歩となれば [図1] と同一の形になる。つまり、5五の銀は助からないことが確定している。
関連用語
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -