【将棋用語】
こびん

将棋用語一覧リンク

「こびん」の詳細

将棋用語
こびん
読み方
こびん
説明
玉・飛車の斜め上のマス。
漢字では「小鬢」と書き、頭の左右前側面の髪と意味する。カタカナで「コビン」と表記されることが多い。
玉の斜め前に歩などの守り駒がいない状態を「コビンがあいている」と言う。
また、角で相手の玉や飛車を攻めることを「こびん攻め」と言う。将棋の手筋の1つで、詳細は手筋「こびん攻め」の項目を参照。
用例
「角と桂で美濃囲いのこびんを攻める。」
【将棋用語】第76期名人戦七番勝負第4局 佐藤(天)名人vs羽生竜王で「こびん」があいている局面

[図1]

上の [図1] は、第76期名人戦七番勝負第4局 佐藤(天)名人vs羽生竜王の34手目に後手の羽生竜王が△3四同歩と飛車と取った局面。歩が1つ前に進んだことによって、後手玉の「こびん」があいた。
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -