【将棋用語】
もたれる

将棋用語一覧リンク

「もたれる」の詳細

将棋用語
もたれる
読み方
もたれる
説明
攻めの力を溜めながら相手に手番を渡すこと。
直接的に攻めてもうまくいかないが、受けてもジリ貧になると判断した場合、将来の攻め筋を見せることにとどまってプレッシャーをかけ、相手を動きにくくしたり、相手の攻めを催促したり、相手が間違えた場合に攻めかかったりする狙いがある。次に相手から攻められてしまうので、形勢としては少し悪いことが多い。相手のミスに期待して自分からは崩れない、という指し方であるとも言える。
指し手の種類としては「相手陣からやや離れた場所に成駒を作っておく、あるいは、拠点を作っておく」や「すぐに使い道がある訳ではないが、相手の離れ駒(端にいる香など)を取っておく」のようになる。いずれも攻めとしては速度が遅く、指し手自体がプラスにならない可能性はあるものの、マイナスにはなりにくい。
用例
「自分からの速い攻めはないので、相手にもたれた指し方をする。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -