【将棋用語】
下駄を預ける

将棋用語一覧リンク

「下駄を預ける」の詳細

将棋用語
下駄を預ける
読み方
げたをあずける
説明
自玉に対する詰みや寄せがあると分かっているか、あるいはあると思われる状態で、それを受けることなく、相手玉に迫るような手を指して相手に手番を渡し、相手に自玉を詰まして(寄せて)もらおうとすること。
お互いに勝ち負けがハッキリと分かっている場合に形作りの一環として行われることもあるが、自玉の詰みや寄せが読み切れていない難解な局面で行われることもあり、同様の表現となる。
一般的な慣用句としての「下駄を預ける」は「やり方などを任せる」という意味があるが、将棋の場合は「相手に自玉の詰ませ方や寄せ方を任せる=詰ましてもらう、寄せてもらう」という意味合いになる。
用例
「自玉に詰めろがかかっているが、相手玉に詰めろをかけて、下駄を預けた。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -