【将棋用語】
切る

将棋用語一覧リンク

「切る」の詳細

将棋用語
切る
読み方
きる
説明
①駒をそれよりも価値の低い駒と交換すること。
特に、大駒(飛車・角)を小駒(金・銀・桂馬・香・歩)と交換する場合に使われることが多い。一般的には駒損と言われる状態だが、詰みや寄せがあるような場合や、結果的に大駒1枚と金銀2枚を交換できるような場合には総合的に判断して得となることもある。
②「歩を切る」という表現の場合、盤上のある筋から歩をなくすこと。「歩を突き捨てる」「相手の歩と交換する」「相手に歩を取らせる」ことによって、その筋から「歩が切れる」。「歩が切れている筋」は、見方を変えると「歩を打つことができる筋」でもある。
用例
【将棋用語】竜を「切って」相手玉を寄せる部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲4三竜と、竜を「切る」手がある。△同金とすれば飛車を取り返すことはできるが、▲2二金と直前に入手した金を打てば詰みである。尚、悪い手ではあるが、▲3二竜や▲3一竜も、竜を「切る」手ではある。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -