【将棋用語】
堅い

将棋用語一覧リンク

「堅い」の詳細

将棋用語
堅い
読み方
かたい
説明
玉の周囲に、味方の駒が複数配置されていて、容易に詰んだり、寄ったりしない状態であること。または、相手玉と比較してその状態がより勝っていること。「薄い」と反対の意味になる。
穴熊は特に「堅い」囲いとされており、同じ穴熊でも金銀が3枚よりは金銀が4枚の方が「堅い」。但し、金銀3枚の「堅い」穴熊であっても、相手が金銀4枚の穴熊であれば、相手玉と比較して、自玉は「薄い」となる場合もある。
囲いに限らず、入玉して玉の周りに「と金」がたくさんあるような状態も堅いと言われる。
用例
【将棋用語】名前が付いている「囲い」のなかで最も堅いと言われている「ビッグ4」

[図1]

上の [図1] は、名前が付いている「囲い」のなかで最も堅いと言われている「ビッグ4(びっぐふぉー)」。組むために多くの手数がかかり、攻める駒が不足しがちになるが、とにかく堅い。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -