【将棋用語】
姿焼き

将棋用語一覧リンク

「姿焼き」の詳細

将棋用語
姿焼き
読み方
すがたやき
説明
囲いを残したまま大きく形勢を損ねていること。特にその状態が投了図となっている場合に使われる。
「姿焼き」の状態だと詰みによって勝敗が決まるまでに、形勢の良い側が、攻撃態勢を整えて、囲いを崩し、詰めろをかけるような手順を踏んでいく必要があるため、指し続ければまだまだ手数はかかる。しかし、攻め合い・受け切り・入玉のいずれも難しく、いわばジリ貧となって、紛れも少なく、形勢の差が開き続けるだけとなる。詰みが見えなくても投了するのは、指し続けるだけ時間の無駄という判断によるところもある。特に囲いが穴熊の場合に使われることが多い。
用例
「攻め駒を全部取られて、姿焼きになってしまった。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -