【将棋用語】
悪形

将棋用語一覧リンク


「悪形」の詳細

将棋用語
悪形
読み方
あくけい
説明
駒の働きが悪く、経験的に不利となる可能性が高い駒の配置のこと。
代表的なものとしては「壁銀」や「玉飛接近」などが挙げられる。
用例
「悪形を解消する。」
【将棋用語】「悪形」の代表的な例で「壁銀」と「玉飛接近」

[図1]

上の [図1] で、先手陣は「壁銀」と言われる「悪形」である。8八にいる銀が先手玉の逃げ道をふさいでおり、役に立っていない。早めに▲7六歩~▲7七銀のように解消することが望ましい。
一方、後手陣は「玉飛接近」と言われる「悪形」である。飛車は攻めに使うことが多く、また直接攻められると弱い。飛車の近くは争点になりやすいため、玉がいると流れ弾に当たりやすくなる。早めに飛車を移動させることが望ましい。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -