【将棋用語】
成り込む

将棋用語一覧リンク

「成り込む」の詳細

将棋用語
成り込む
読み方
なりこむ
説明
敵陣の外にいる盤上の駒を敵陣(相手側から見て三段目以内)へ移動させつつ成ること。
「成る」+「(敵陣に)入り込む」となる。特に飛車や角に対して使われることが多い。
用例
【将棋用語】飛車が「成り込む」ことができる部分図

[図1]

上の [図1] は、次に▲2一飛成と「成り込む」ことで美濃囲いの金を狙うか、あるいは▲2二飛成と「成り込む」ことで間接的に相手玉を睨んでおくかが悩ましい。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -