【将棋用語】
狭い

将棋用語一覧リンク

「狭い」の詳細

将棋用語
狭い
読み方
せまい
説明
特に、玉・飛(竜)・角(馬)について、王手や駒取りによって相手から迫られた場合に逃げ出しづらい状態であること。「広い」が反対の意味になる。
基本的には「狭い」と玉が詰まされやすくなったり、駒を取られやすくなったりする。
「狭い」か否かの判断は比較の問題であるため、明確な基準はない。同一局面において、相手玉と比較して自玉が「狭い」としても、他の変化における自玉の状態と比較して、現局面の自玉が「狭くない(広い)」と判断する場合もある。
用例
「自玉が狭いので逃げ道を確保する手を指す。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -