【将棋用語】
Z

将棋用語一覧リンク

「Z」の詳細

将棋用語
Z
読み方
ぜっと
説明
相手に駒を何枚渡しても自玉が絶対に詰まない状態。
「絶対に詰まない」の頭文字「Z」からきている。
特定の駒を渡さない限り詰まない状態にも使われ、必要な駒やその動きを冠して「桂馬Z」「金駒Z」「斜めZ」(斜め後ろに動ける銀か角)「横Z」(金か飛車)などと言われることがある。
用例
【将棋用語】「Z」となる囲い

[図1]

上の [図1] は、どう考えても「Z」な状態の穴熊である。桂で王手をかけることすらできない。穴熊は、ここまでしっかりしていなくても「Z」であることがほとんどで、攻め合いになった際に、自玉の詰みを心配しなくてよいという長所がプロアマ問わず人気の理由となっている。
【将棋用語】「斜めZ」と言われる状態の部分図

[図2]

上の [図2] は、「斜めZ」と言われる状態である。先手の持ち駒は大量にあり、必至ならばいくらでもかかるが、斜め駒と言われる角か銀がないと後手玉は絶対に詰まない。このような場合、後手は角と銀を先手に渡さずに、先手玉へ必至をかけることができれば後手の勝ちとなる。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -