【将棋用語】
睨む

将棋用語一覧リンク

「睨む」の詳細

将棋用語
睨む
読み方
にらむ
説明
飛車(竜)・角(馬)・香の利きの先の遠くに相手の駒がいること。
特に相手の駒を取る変化がある場合に使われる。相手の駒までの具体的な距離は決まっていないが、4マス以上離れている場合に使われることが多い。また、その間に敵味方問わず別の駒があっても構わない。
用例
「先手の打った角が後手玉を睨んでいるので、後手は間にいる銀を動かすことができない。」
関連用語
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -