【将棋用語】
禁じ手

将棋用語一覧リンク

「禁じ手」の詳細

将棋用語
禁じ手
読み方
きんじて
説明
ルールで反則と定められている手。指すと即負けとなる。
具体的には以下の通りとなる。
・2歩を打つ
・行き所のない駒
・本来の駒の動きと異なる
・成れない場所で駒が成る
・王手を逃れていない手
・自らの玉に王手がかかってしまう手
・手番でない側の着手(2手指し)
・打ち歩詰め
・連続王手の千日手
用例
「優勢だったが、禁じ手を指して反則負けになってしまった。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -