【将棋用語】
細い

将棋用語一覧リンク

「細い」の詳細

将棋用語
細い
読み方
ほそい
説明
攻めにおいて、相手の守備状況と比較をして、参加している自分の駒が少ないこと。「厚い」と反対の意味になる。
攻めが止まってしまいやすく、相手に囲いを修復されたり、渡した駒で反撃されたりするので、基本的に「細い」攻めは避けた方が無難である。しかし、ギリギリの勝負では「細い」と分かっていても、数少ないチャンスを生かすために攻めるしかない場合もある。「細い」と言われる具体的な基準はないが、持ち駒も含めて、攻め駒が3枚以下であることが多い。
用例
「端を絡めなかったので、攻めが細かった。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -