【将棋用語】
置く

将棋用語一覧リンク

「置く」の詳細

将棋用語
置く
読み方
おく
説明
持ち駒を打つこと。
特に、王手や相手の駒取りになるないような指し手で、飛車を敵陣に打ったり、拠点となるように駒を打ったり、相手玉の退路を封鎖するような駒を打ったりするような場合に使われる。
用例
【将棋用語】穴熊の近くに金駒を「置く」局面

[図1]

上の [図1] は、後手の穴熊に対して、先手からの早い攻めはない。そのため、攻めの足掛かりとして▲4三銀と「置いておく」。

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -