【将棋用語】
覗く

将棋用語一覧リンク

「覗く」の詳細

将棋用語
覗く
読み方
のぞく
説明
角を利かせること。
特に、盤上の角が自陣付近の安全な場所で移動し、相手陣に対して効果的な利きをもたらす場合に使われる。
用例
「角を覗いて駒組みをけん制する。」
【将棋用語】石田流で角を「覗く」局面

[図1]

上の [図1] は、先手が石田流という戦型で、8八にいた角を9七に上がって「覗いた」局面。角の利きによって、8六や7五の地点を守りつつ、6四の攻めに参加する含みもあり、また5三の銀も睨んでいる。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -