【将棋用語】
角道

将棋用語一覧リンク

「角道」の詳細

将棋用語
角道
読み方
かくみち
説明
角の利きのこと。
角の利きの途中にある味方の駒を移動して、角の利きが遠くまで及ぶようになることを「角道を開ける(角筋を通す)」、角の利きに相手が駒を打って、あるいは移動して角の利きを遮るようにすることを「角道を止める(角筋を止める)」と言う。
「角筋(かくすじ)」とほとんど同じ意味の用語であるが、序盤では「角道を開ける」あるいは「角道を止める」ということが多い。これが中終盤になると「角筋を通す」あるいは「角筋を止める」のような言い方が増える。但し、厳密に定義されている訳ではないので、どちらを使っても大きな問題はない。
用例
【将棋用語】先手と後手がお互いに「角道」を開けた局面

[図1]

上の [図1] は、先手が初手に▲7六歩と指して「角道」を開け、後手も2手目に△3四歩と指して「角道」を開けた局面。
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -