【将棋用語】
軽い

将棋用語一覧リンク

「軽い」の詳細

将棋用語
軽い
読み方
かるい
説明
攻めや捌きに関して使われる場合は、関連している攻め駒が少ないこと。あるいは、相手の受け駒に比べて、攻め駒が少ないこと。「重い」と反対の意味になる。
感覚的な話になるので少し難しいが、金駒の交換などをせずにポンと桂を跳ねて、ついでに大駒の利きを通し、跳ねた桂と大駒の利きで攻めるような駒の活用は「軽い捌き」と言われることが多い。
受けに関して使われる場合は、安い駒を使うこと。大駒や金駒をしっかりと打てば無難そうな受けの場面で、代わりに歩・香・桂を打つことは「軽く」受けていると言える。「厚い」「手厚い」「堅い」などと反対の意味になる。
駒を損するリスクを小さく抑えながら成果を上げようとしているという点を考慮して良い意味で使われることが多いものの、「攻めが簡単に切れてしまう」という悪い意味を含めて使われる場合もある。
用例
「攻めが軽かったので受け切られてしまった。」
「軽いさばきで優勢になる。」
「軽く歩で受けておく。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -