【将棋用語】
金駒

将棋用語一覧リンク

「金駒」の詳細

将棋用語
金駒
読み方
かなごま
説明
駒の種類で、金または銀のこと。銀について、成・不成の状態は問わない。
「金または銀」という表現を簡潔にするためによく使われる。
尚、「と金」「成香」「成桂」「成銀」については「金」と同じ動きをするため、「金駒」のように考えたり扱ったりすることはあるが、それ自体を「金駒」とは言わない。但し「成銀」は駒自体がそもそも「銀」という「金駒」である。「金駒」の定義に関して「(駒自体の)銀」と「(状態を表す)成銀」を厳密に区別して考えることはまずないため、「成銀が金駒」のように言っても特に問題はない。
用例
「ここで金駒を合駒すれば詰まない。」
「金駒があと1枚あれば詰む。」
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -