【将棋手筋】
浮く

手筋一覧リンク

「浮く」の詳細

手筋名称
浮く
読み方
うく
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
飛車(竜)・香が駒を取らずに前方へ移動すること。「上がる」と意味や使い方は同じであるが、対象となる駒が飛車(竜)・香に限られている。
飛車の横利きをさらに働かせたり、相手の角の利きから避けたりするような場合に行われることが多い。
特に1マスだけ前方に移動する場合は「1つ浮く」と言われる。尚、駒を取りながら2マス以上前進する場合は「走る」、相手陣に侵入する場合は「成り込む(入り込む)」と言われることが多く、「浮く」とは言わない。
尚、紐が付いていないという状態になることを意味する場合もある。そちらについては「浮く」の用語説明ページを参照。
好手例
【将棋手筋】石田流の序盤で飛車を「浮く」ことで居飛車側の飛車先の歩交換を受ける局面

[図1]

上の [図1] は、石田流の序盤で先手の手番であるが、7八にいる飛車を▲7六飛と「浮いて」(下の[図2])、居飛車側の飛車先の歩交換(△8六歩)を受けることで、飛車を縦横に活用しながら、積極的な駒組みをすることができる。
【将棋手筋】石田流の序盤で飛車を「浮いた」ことで居飛車側の飛車先の歩交換を受けた局面

[図2]


【将棋手筋】香を「浮く」ことで相手の角の利きを避けた局面

[図3]

上の [図3] は、対抗形の序盤で先手が▲9八香と1つ「浮いた」局面。これによって、△9九角成と香を取られながら馬を作られる含みを防いでいる。
関連用語

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -