【将棋手筋】
焦点の歩

手筋一覧リンク

「焦点の歩」の詳細

手筋名称
焦点の歩
読み方
しょうてんのふ
主な関連駒
出現頻度
★★★☆☆
説明
相手の駒が複数利いているマスに歩を打つこと。
いずれの駒で歩を取っても形が崩れることが多く、また飛車や角が利いている場合には、その利きが止まってしまうこともある。
好手例
【将棋手筋】「焦点の歩」打ちが厳しい部分図

[図1]

上の [図1] は、後手の飛車と角がよく利いているので、先手の飛車と角だけでは突破できなさそうに見える。しかし、先手が後手の飛車と角と桂が利いている3三に「焦点の歩」を打つと、△同角と△同桂は▲3四飛と銀をタダで取ることができるし、△同飛は▲4四角と歩を取ることができて、さらに飛車取りとなる。
【将棋手筋】「焦点の歩」で大駒の利きを止めることができる部分図

[図2]

上の [図2] は、後手の飛車と角が先手陣まで利いている部分図。現状では、次に飛車も角も成ることができるが、飛車と角が利いている5五に「焦点の歩」を打つと、それらの脅威を軽減することができる。(下の [図3] )
【将棋手筋】「焦点の歩」で大駒の利きを止めた部分図

[図3]

上の [図3]で、飛車成りも角成りも防ぐことができている。そして、△同飛は角成りを防いだままだし、△同角は飛車成りを防いだままとなっている。一時的な凌ぎではあるが、歩1枚を犠牲にすることで、受けやすい状態になっていることが分かる。
関連用語
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -