【将棋手筋】
継ぎ桂

手筋一覧リンク

「継ぎ桂」の読み方

つぎけい

「継ぎ桂」に関連する主な駒

「継ぎ桂」の出現頻度

☆☆☆☆

「継ぎ桂」の説明

盤上にある自分の桂の利きへ持ち駒の桂馬を打つこと。そのような桂馬を打つことは「桂を継ぐ(けいをつぐ)」と言う。
打った桂を取られたとしても、桂で取り返すことができるので、結果として相手陣深くに拠点を作りやすい手筋である。

「継ぎ桂」の好手例

【将棋手筋】「継ぎ桂」で美濃囲いを崩す手筋

[図1]

上の [図1] は、先手が▲7四桂打と指せば、△同歩 ▲同桂となった後に玉を逃げるしかなく、手付かずの美濃囲いにいる後手玉があっという間に詰みとなる。5五や4六などに先手の角がいる場合に厳しいことで有名な桂打ちだが、桂が控えている場合の「継ぎ桂」も相当厳しい攻めである。

「継ぎ桂」に関連する用語

「継ぎ桂」に関連する手筋


 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -