【将棋手筋】
腹銀

手筋一覧リンク

「腹銀」の詳細

手筋名称
腹銀
読み方
はらぎん
主な関連駒
出現頻度
★★★☆☆
説明
相手玉の右側あるいは左側に持ち駒の銀を打つこと。
銀は左右へ動けないため王手とはならないが、玉の逃げ道が少なくなることが多いため、終盤における重要な寄せの手筋の1つとなっている。
好手例
【将棋手筋】「腹銀」で相手玉に必至をかける部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲3一銀のように王手をすると、△1三玉から逃げられてしまう。ここは王手ではないが、▲3二銀と「腹銀」を打つと後手玉に必至がかかる。▲2三銀成と▲3一馬 △1二玉 ▲2一銀不成の詰み筋が両方同時に受からない。
関連用語
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -