【将棋手筋】
連打の歩

手筋一覧リンク

「連打の歩」の詳細

手筋名称
連打の歩
読み方
れんだのふ
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
相手の飛車(竜)または香の1つ前のマスに歩を打つ手を2回以上連続で繰り返すこと。「歩を連打する」のようにも言う。
歩打ちが飛車(竜)または香の駒取りになっているので、手番を握りながら相手の駒を吊り上げることができる。歩を損することにはなるが、相手の駒が近づいて受けやすくなったり、上ずって相手陣に隙が生じやすくというような効果がある。
好手例
【将棋手筋】「連打の歩」が有効となる部分図

[図1]

上の [図1] は、後手が△8七銀成として8筋を突破しようとしている部分図である。▲8七同金は△同飛成だし、単に▲8四歩は△7八成銀と金を取られてしまう。しかし、ここは「連打の歩」で▲8三歩 △同飛 ▲8四歩とすれば、手番を握りながら後手の飛車先を止めることができるため受かっている。
関連用語
関連手筋

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -