【将棋格言】
二枚替えなら歩ともせよ

格言一覧リンク

「二枚替えなら歩ともせよ」の読み方

にまいがえならふともせよ

「二枚替えなら歩ともせよ」に関連する主な駒

「二枚替えなら歩ともせよ」の出現頻度

★★★☆☆

「二枚替えなら歩ともせよ」の説明

大駒(飛または角)は強い駒であるが、小駒2枚との交換になれば得をしている場合がある、ということ。
さすがに「大駒1枚と歩2枚」の交換は大駒側の損なので誇張している部分はある。しかし、大駒を大事にしすぎずに、時には大胆に切ってしまうことの重要性を含んでいる。目安として、「大駒1枚と金駒2枚」であれば、大駒側が積極的に交換を狙った方が良い。「大駒1枚と銀香」程度になると、相手陣を崩したり、手番を握ったり、入手した小駒で厳しい手があったりするようなプラス要素が他になければ大駒側が厳しい。

「二枚替えなら歩ともせよ」の例

【将棋格言】「二枚替えなら歩ともせよ」となる部分図

[図1]

上の [図1] は、先手の竜と馬で、後手の美濃囲いの金を狙っている部分図。ここは「二枚替えなら歩ともせよ」で▲6一馬と切り、△同銀 ▲同竜と迫るのが良い(下の [図2] )。
【将棋格言】「二枚替えなら歩ともせよ」が成功した部分図

[図2]

上の [図2] では美濃囲いが崩壊しており、次に▲6二竜・▲7二銀・▲7一銀・▲7二金のいずれも厳しい(厳しさの順番は他の条件によって変わる)。後手の持ち駒に金がなければ、ほぼ寄り筋である。尚、[図1] において、角を渡した方が先手玉が危なくなる場合は先に▲6一竜と切る手もある。
【将棋格言】「二枚替えなら歩ともせよ」とならない部分図

[図3]

上の [図3] は、△3二銀と竜馬両取りに打たれた部分図。仕方ないので、ここから▲同馬 △同歩 ▲同竜と進めたとする(下の [図4] )。
【将棋格言】「二枚替えなら歩ともせよ」が成立しない部分図

[図4]

上の [図4] では「角と銀歩」の二枚替えになっている。しかし、後手に手番があるうえに美濃囲いが健在なので、先手に主張がなく、駒損のマイナスを補うことができていない。よって、[図3] の段階では既に先手が悪く、「うっかり大駒を消されてしまった」という状況だと言える。
【将棋格言】第33期竜王戦七番勝負 第3局 豊島将之 竜王 vs 羽生善治 九段の対局で「二枚替えなら歩ともせよ」となる変化局面

[図5]

上の [図5] は、2020年11月7日から8日にかけて行われた第33期竜王戦七番勝負 第3局 豊島将之 竜王 vs 羽生善治 九段の対局において、後手が9筋の突き捨てを入れた後、50手目に△9五同香と応じた変化図(本譜は△4四角)。9筋だけを見ると田楽刺しの状態となっており、ここから角を助けようとすると▲8六角には△9九香成、▲8八角には△9八歩があるので、先手は香損を避けることができない。よって、[図5] からは「二枚替えなら歩ともせよ」で▲6四角と切るのが良く、飛車取りなので△同歩だが、▲9五香と香を取れば、「角と銀香」の二枚替えである。あとは後手が居玉のうえに薄くなっていること、角1枚を渡しても先手玉は安全であること、銀も香も使い道が複数あること、▲6六飛~▲6四飛の活用も見えてくること、などを踏まえると、わずかな駒損を大きく上回る要素になるため、先手優勢となる。

「二枚替えなら歩ともせよ」に関連する用語

「二枚替えなら歩ともせよ」に関連する格言


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -