【将棋格言】
歩越し銀には歩で受けよ

格言一覧リンク

「歩越し銀には歩で受けよ」の読み方

ふごしぎんにはふでうけよ

「歩越し銀には歩で受けよ」に関連する主な駒

「歩越し銀には歩で受けよ」の出現頻度

☆☆☆☆

「歩越し銀には歩で受けよ」の説明

相手の銀が単独で上がってきた場合、その銀がいる筋の歩を突いておけば、それ以上その銀が前に進むことができずに攻めをけん制することができる場合が多い、ということ。「歩越し銀には歩で対抗」のように言われることもある。

「歩越し銀には歩で受けよ」の好手例

【将棋格言】第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 八段で「歩越し銀には歩で受けよ」とされた手を指した局面

[図1]

上の [図1] は、2018年7月4日から5日にかけて行われた第59期王位戦七番勝負 第1局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 八段の24手目に後手の豊島八段が△4四銀と上がった局面。この4四にいる銀が、4三の歩の1つ前のマスにいるため「歩越し銀(ふごしぎん)」と言われている。先手の菅井王位の指し手は▲4六歩。「歩越し銀には歩で受けよ」で相手の歩越し銀がいる4筋の歩を突いた。先手陣の厚みを築いたり、後手の銀の進出を止めたりするだけでなく、▲4五歩と突いて△同銀と取らせることで後手の左銀の働きを弱める(5五への地点に利きがなくなる)ことができるといった効果がある。

「歩越し銀には歩で受けよ」に関連する用語


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -