【将棋格言】
玉の腹から銀を打て

格言一覧リンク

「玉の腹から銀を打て」の詳細

格言名称
玉の腹から銀を打て
読み方
ぎょくのはらからぎんをうて
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
相手玉の右隣あるいは左隣に銀を打つ手は、王手ではないものの詰めろや寄せが受けにくくなることが多い、ということ。
銀を打つことは「腹銀」という手筋であるが、相手玉が詰まない状況では優先的に考えてみたい。
関連手筋

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -