【将棋格言】
玉の腹から銀を打て

格言一覧リンク

「玉の腹から銀を打て」の詳細

格言名称
玉の腹から銀を打て
読み方
ぎょくのはらからぎんをうて
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
相手玉の右隣あるいは左隣に銀を打つ手は、王手ではないものの詰めろや寄せが受けにくくなることが多い、ということ。
銀を打つことは「腹銀」という手筋であるが、相手玉が詰まない状況では優先的に考えてみたい。
好手例
【将棋格言】第31期竜王戦七番勝負 第4局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段で「玉の腹から銀を打て」となった局面

[図1]

上の [図1] は、2018年11月24日から25日にかけて行われた第31期竜王戦七番勝負 第4局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段の129手目に先手の広瀬八段が「玉の腹から銀を打て」で▲3四銀と打った局面。△2五玉からの上部脱出を防ぎつつ、▲2五歩 △同角成 ▲同銀成 以下の詰めろになっている。▲3四銀に代えて▲3四金と打つ王手だと、△2五玉と手順に逃げられてしまううえに、持ち駒から金がなくなって詰ましづらい形となることから、王手ではない▲3四銀で結果的に寄せやすくなっていることがよく分かる。
関連用語
関連手筋

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -