【将棋格言】
相穴熊では角より金

格言一覧リンク

「相穴熊では角より金」の詳細

格言名称
相穴熊では角より金
読み方
あいあなぐまではかくよりきん
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
通常、駒の価値は角の方が金よりも高いが、穴熊ではその差が小さくなる。さらに、相穴熊では、お互いに金が必要な局面が多くなるため、必然的に金の価値が角よりも高くなることが多い、ということ。特に中盤以降では、角を切って、相手の穴熊の金をはがす手が好手になりやすい。
穴熊は金をはがされると王手がかかりやすくなり、急に弱体化する。逆に、持ち駒の金を穴熊に埋めておくだけで、見違えるほど堅くなる。つまり、穴熊を構成する金と、持ち駒の金は重要な役割を果たしている。
もし、穴熊に金ではなく角がいるとすると、隙が多く、連結も弱いため、小駒で攻められると弱い。よって、穴熊を埋める駒としては不適当であるため、持ち駒における価値は他の囲いと比較して低くなる。
好手例
【将棋格言】「相穴熊では角より金」が好手となる部分図

[図1]

上の [図1] は、次に後手から△3八竜と金を取られると、受けが厳しい。
先手が確実に攻めるならば▲4二桂成だが、それでは遅い。ここは、「相穴熊では角より金」で▲3一角成と角を切って金を入手するのが良い。△同銀の1手に▲3九金打と受ければ、先手の穴熊だけしっかりしている。
関連用語
関連手筋

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -