【将棋格言】
角交換に5筋の歩を突くな

格言一覧リンク

「角交換に5筋の歩を突くな」の読み方

かくこうかんにごすじのふをつくな

「角交換に5筋の歩を突くな」に関連する主な駒

「角交換に5筋の歩を突くな」の出現頻度

★★★☆☆

「角交換に5筋の歩を突くな」の説明

序盤に角交換の含みがあるか、あるいは既に角交換が行われて相手の持ち駒に角がある場合、5筋の歩を突いていると飛車取りと馬作りの両狙いで角を打たれる隙が生じやすい。そのため、5筋の歩を突かない方が角交換に対しては強い陣形であることが多い、ということ。
時には5筋の歩を突かなければならない場合もあるが、角を打たれて馬を作られるような手順がないように、しっかりと隙のない駒組みをしておく必要がある。

「角交換に5筋の歩を突くな」の例

【将棋格言】「角交換に5筋の歩を突くな」となる部分図

[図1]

上の [図1] は角交換振り飛車穴熊で、いわゆる「レグスぺ」と呼ばれる戦法。▲5六歩を保留して、低い陣形で構えていることがポイントであり、あとはこちらから仕掛けて攻め続ければ、穴熊の遠さと堅さが生きやすい展開になる。 【将棋格言】「角交換に5筋の歩を突くな」に反している部分図

[図2]

上の [図2] は、[図1] から▲5六歩と突いてある形だが、これだと「角交換に5筋の歩を突くな」に反しているため△7九角と打たれてしまう。以下、▲7八飛と寄るくらいだが、△2四角成のように馬を作られるうえに、向かい飛車の形を崩されているので▲8六歩の仕掛けがなくなっている。
角交換を積極的に狙う戦法では5筋の歩を突かないで駒組みを進めることが多い。
【将棋格言】「角交換に5筋の歩を突くな」の例外となる部分図

[図3]

上の [図3] は、平手の初期局面から▲7六歩 △3四歩 ▲5六歩と進んだ局面で「角交換に5筋の歩を突くな」の例外の1つである。後手は△8八角成~△5七角~△2四角成とすれば馬を作ることができる(下の [図4] )。 【将棋格言】「角交換に5筋の歩を突くな」の例外となる部分図2

[図4]

しかし、上の [図4] では、後手が歩1枚と角しか動かしていないにもかかわらず、先手は歩2枚と銀2枚が動いているうえに、角を手持ちにしているので主張が多い。
厳密に言えば、先手の得はなくなっているが、定跡形を避け、力戦に持ち込むことができる指し方である。
 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -