【将棋格言】
開戦は歩の突き捨てから

格言一覧リンク

「開戦は歩の突き捨てから」の詳細

格言名称
開戦は歩の突き捨てから
読み方
かいせんはふのつきすてから
主な関連駒
出現頻度
★★★★★
説明
歩の突き捨ては、銀などの攻め駒を前に進めやすくなり、また歩を入手しやすくなるとともに、その筋に歩が打てるようになるので継ぎ歩や垂れ歩といった攻め筋が生まれる、といった様々なメリットがある。そして、仕掛ける(戦いが始まる)タイミングであれば、相手も歩を取るしかないことがほとんどだが、戦いが本格的になると手抜きをされる恐れが出てくる。よって、攻めに関連する筋は、仕掛けの最初のうちに歩を突き捨てておくのが良い、ということ。
「戦いは歩の突き捨てから」のようにも言われる。
好手例
【将棋格言】角換わり腰掛け銀で「開戦は歩の突き捨てから」となる局面1

[図1]

上の [図1] は、角換わり腰掛け銀で先後同型の局面。ここから先手が仕掛ける定跡として、第1に▲4五歩と突き捨てる。後手は△同歩と取るが、第2に▲2四歩と突き捨てる(下の [図2] )。
【将棋格言】角換わり腰掛け銀で「開戦は歩の突き捨てから」となる局面2

[図2]

上の [図2] から、後手は△同歩と取るが、先手は第3に▲1五歩と突き捨てる。これも後手は△同歩と取る。第4に▲7五歩と突き捨てる。これも後手は△同歩と取る。第5に▲3五歩と突き捨てる。(下の [図3] )。
【将棋格言】角換わり腰掛け銀で「開戦は歩の突き捨てから」となる局面3

[図3]

上の [図3] は、[図1] から先手が5連続で歩を突き捨てた局面である。後手には△同歩・△4四銀・△6三角のような応手があるが、先手は▲4五桂・▲2四飛・▲3四歩のいずれかの手で必ず1歩を入手することができる。そのうえで、▲4五桂と跳ねてから▲3三歩と打ったり、▲1二歩と叩いて▲1一角と打ったり、▲7四歩と桂取りに打ったりするような複数の攻め筋が生じているため、後手はすべてを受け切ることができず、しばらく先手が攻める展開が続く。これは「開戦は歩の突き捨てから」の効果であると言える。
関連用語
関連手筋

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -