【将棋格言】
飛車先の歩交換三つの得あり

格言一覧リンク

「飛車先の歩交換三つの得あり」の詳細

格言名称
飛車先の歩交換三つの得あり
読み方
ひしゃさきのふこうかんみっつのとくあり
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
飛車先の歩を交換すると
  • 1歩が持ち駒になる
  • 飛車の利きが相手陣まで直通する
  • 自分の歩があったマスに銀などの攻め駒が進める
というメリットがある。
現代将棋においては歩交換をしている間に攻められてしまうデメリットが重視されつつあり、特に相掛かりでは飛車先の歩を交換できたとしても保留する指し方が増えている。しかし、その比較は非常に難しい。
好手例
【将棋格言】第3期叡王戦決勝七番勝負第2局 金井六段vs高見六段で「飛車先の歩交換三つの得あり」とされた手を指した局面

[図1]

上の [図1] は、第3期叡王戦決勝七番勝負第2局 金井六段vs高見六段の11手目の局面。手の広い局面だが、先手の高見六段は▲2四歩と突き、「飛車先の歩交換三つの得あり」となるような指し方を目指した。
関連用語

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -