【将棋格言】
4枚の攻めは切れない

格言一覧リンク

「4枚の攻めは切れない」の詳細

格言名称
4枚の攻めは切れない
読み方
よんまいのせめはきれない
主な関連駒
出現頻度
★★★★
説明
相手陣を突破したり、相手玉を寄せるために必要な攻め駒は4枚必要なことが多い、ということ。
原則として、盤上の駒に加えて持ち駒もカウントする。但し、歩については盤上で拠点となっている場合についてカウントする。
もちろん3枚以下でも攻め切ることができる場合もあるが、相手が正確に受けてくると難しいことが多い。攻めがうまくいくかどうか読み切れない場合は、攻め駒の数を数えて、4枚あるかどうかで判断すると良い。
好手例
【将棋格言】第59期王位戦七番勝負 第2局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 棋聖で「4枚の攻めは切れない」を目指す局面

[図1]

上の [図1] は、2018年7月24日から25日にかけて行われた第59期王位戦七番勝負 第2局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 棋聖の74手目の局面。現状、先手の攻め駒は5二の金、5三の と金、持ち駒の飛車の3枚である。「4枚の攻めは切れない」ので、先手の方針としては、飛車を敵陣に打って1一の香や3三の桂を取るか、▲6五歩と突いて▲3三角成を目指すことになる。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -