詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第2問】

目次

1手詰の問題【第2問】

1手詰の詰将棋の問題(第2問)

[第2問]

point
ここがポイント!
前問よりもしっかりと玉を押さえこんでいますが…





(もう少し下に解答・解説があります。)





第2問の解答・解説

1手詰の詰将棋の解答(第2問)

[第2問の解答]

▲2二銀 までの1手詰。

銀を打つ王手は▲1二銀、▲2二銀、▲3二銀の3通りあります。
しかし、正解は▲2二銀の1つだけです。
銀は金と違って、左右に動けませんが、
1二と3二のマスは2三にいる金がカバーしています。

▲1二銀は、△3一玉と逃げられてしまいます。
▲3二銀は、△1一玉と端に追いつめているので、▲1二銀よりは良い手です。
しかし、もう1枚駒が足りません。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -