詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第3問】

目次

1手詰の問題【第3問】

1手詰の詰将棋の問題(第3問)

[第3問]

point
ここがポイント!
どうやったら王手ができますか?




(もう少し下に解答・解説があります。)





第3問の解答・解説

1手詰の詰将棋の解答(第3問)

[第3問の解答]

▲2一銀不成 までの1手詰。

多くの場合、「銀」よりも「成銀(金の動き)」の方が価値は高いのですが、
移動元あるいは移動先が相手陣(上から三段目まで)の場合でも、
必ずしも「銀」が成る必要はありません
斜め後ろに利くという「銀」の機動力を生かして攻める場合もあります。

尚、移動元あるいは移動先が相手陣の場合は、常に「成る」権利が生じているので、
「成(なる)」か「不成(ならず)」かを必ず明らかにして解答する必要があります。
(玉と金と成駒は除きます。)

問題図から、仮に「▲2一銀成」だと、そもそも王手にならないため、
「▲2一銀」だけでも「不成」であることは通じますし、
会話の流れで表現を省略することはあります。しかし、解答としては不十分です。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -